2010年09月30日

因果応報の話

9月のとある日曜日の話です。
なんとなく、風邪っぽいなあと思いながら過ごしていました。咳が多く出始めたような気もしてきました。

咳が出るから、今日は早めに店じまいしよう。
咳のせいにしましたが、咳が出るのはいつものことです。
早く家に帰りたい理由がもう一つ。

その日は夜8時から柔道のテレビがあったのです。じつは一日中、柔道のことが頭から離れず気になって気になってそわそわ。放送開始の8時が近づくと、ますます落ち着かなくなってきました。

サロンは午後9時までの営業です。ですが、いつも9時ぴったりに終了できるとは限りません。ですが、この日は咳にかこつけて、いつもと反対に早じまいをしたのです。

翌週のことです。
夜8時を回ってからお客さんが並んでくださって、あっという間に9時を回ってしまいました。10時になって、最後のお客様をお送りしてからもまだ、観てくださいという方が。
ありがたく申し訳なかったのですが、さすがに夜10時過ぎの鑑定はお断りしました。
この日は先週の早じまいした分をばっちり余計に仕事することになったのです。

因果応報というか、人間のすることって、どこかで帳尻があうものなんですね。清く正しく(美しく迄は行かなくとも)正直な生活が大事と思い知らされました。

posted at 18:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 峰彩花
この記事へのコメント
峰先生、いつもお世話になっております。
「先生、いついらしてるかな〜?また相談したいな〜。」と思って、サイトを検索したら、すっかり新しくされて素敵ですね!ブログまで!!

先生がお話されているように身近に感じながら、でもちょっと相談している時とは異なる意外な一面にお会いできた気がします。これから、こちらでも先生にお会いできますね♪

因果応報、今日は先生に相談できませんが、ちょっと心のつかえがとれました。


先生には、節目節目で何度となく生きる方向や心がけを教えていただきました。あ〜、近いうちに伺いますね!また、カツを入れてくださいませ!
Posted by 大ファン at 2010年10月22日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41023815
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック