2018年08月04日

なぜ、一年はあっという間に過ぎてしまうの?

 「チコちゃんに叱られる」というNHKのテレビ番組にハマっています。お笑い芸人の岡村隆史が出ているのでお笑い番組かもしれないのですが、わたしは教養番組だと思っています。
 5歳児という設定のチコちゃんが大人たちに、日常よくあるけど理由など深く考えずに受け止めていることについて、「どうして?」と質問します。大人が答えにつまると、「ぼーっと生きてんじゃないよー!」と、答えられなかった大人が、チコちゃんに叱られるという番組です。
 チコちゃんの素朴な疑問に、歴史や文化やスポーツなど、各界の専門家が真面目に理由を解説します。その理由がとても面白いのです。考えもしなかったことに深いストーリーや意味、歴史があったりして、いちいち目から鱗で勉強になります。

 このあいだのチコちゃんの質問は「なぜ、一年はあっという間に過ぎてしまうの?」というものでした。
 ほんとうについ最近、新年の挨拶をかわしていたと思っていたのに、もう8月です!月日が経つのが本当に早いです!!
 ちこちゃんの回答は

「月日が過ぎるのが早く感じるのは、ときめきが少ないから〜」

と、いうものでした。

 大学の先生の解説をもとに、実証のVTRが流れます。
「いついつ何をした?」
 子どもに質問すると、こどもは、
「◯◯してから、◯◯して、◯◯して……」
と、たくさんの思い出を話すのですが、大人は全員、思い出せることが少ない、覚えていないのです。
 大人になると、目の前のことをこなすことに脳の記憶分野が全部使われてしまっていて、してきたことの思い出をいちいち思い返す余裕がなくなる、ということでした。

 これを見て、おおいに反省しました。確信もしました。
 人生の豊かさって、長さや年収の高さじゃないないですね。ときめき、すなわち、喜びの数。
 ぼーっと生きていると時間はすーっと過ぎてしまいます。楽しかったことは、なるべく人と語り合って思い出にするべきだと思いました。

南田
posted at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南田
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184088686
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック