2018年06月20日

生まれ変わった友人の夫

 昨年、親友が亡くなって、先月の月命日にお墓まいりに行ってきました。
 友人の夫はすごい威張りん坊で口うるさかったのですが、働き者の女房を亡くして反省したのでしょうか。変わりました。
「Tちゃん(友人の名)、お墓で笑っているね、こんなにまめに変わって…」
 毎月命日にお墓まいりに行っていると言います。
 それに素直になりました。ハイハイと私の話を聞くのです。回転寿司が食べてみたいと言ったら連れて行ってくれました。
 部屋も掃除が行き届いていたし、仏壇も友人が好きだった物を御供えしていました。
「私が来るから、掃除やお供えしたんじゃないでしょうね!」
と言ったら、
「違うよ、毎朝ご飯炊いて納豆お供えしているよ。掃除は自分の趣味だし」
と言っていました。
「どれ?」と、冷蔵庫や押入れ開けたら、ほんとうにきれいに片付いていました。
「Tちゃん、ダンナさん、ちゃんとやっているからね。安心して眠ってていいよ!」
 合掌しました。

posted at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183592922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック