2017年04月22日

ポチ袋

 私は小さいときから、自分より小さい子の世話をするため、学校から走って帰るような小学生でした。
 実家に仕事に来ているお母さんたちの子どもを面倒見たり遊んだりが私の役目です。1円とか5円のお菓子を買って食べさせたり、喜ばせたり、たまにはダマしたり(笑)。でも、子どもが好きだからか、子どものほうから寄って来てました。

 小さいときからの習性からか、今でもなんとなく、人にモノをあげたり貰ったりするのが好きです。
 バス旅行でもガイドさんが良かったりすると、コンビニで使えるクオカードをあげたりします。

 この間の小旅行で泊まったホテルでも、案内ガールが親切で可愛くて、また不思議と何度もすれ違う。その度に気持ちよく挨拶され、ちょっとしたいい情報を教えてくれました。笑顔と優しさがあまりにも嬉しくて、ちょっとチップとお礼文を書いて渡しました。
 帰りにフロントキャプテン・ドア係・フロアー数人が満面の笑みで
「この度は○○(案内ガール)がお役に立てて、気持ちよくお過ごし頂いてありがとうございました」
と、タクシー乗り場まで見送ってくれました。

 嬉しいこと、良かったことを素直に伝えることも、心地よい気分になるもんだと思いました。
 同行した友人たちからも、「峰さんのやることは流石違うね」とほめられました。
 ちなみに、わたしはポチ袋をいつも持ち歩いています(笑)。

posted at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179521756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック