2018年09月22日

方位がいいと(^_^)

 7月、私にとっての今年の吉方に、出張しなくてはならない案件が発生しました。いずれ1度は行かなくてはならない会社です。
 どうせ行くなら、「目上運」「責任運」という意味の吉方が回っている月のうちに、さっさと出かけることにしました。たまたま、先方の社長さんと私の日程が合う日が見つかりました。 

 年配の女社長さんにいろいろ相談を受け、ご縁をいただきました。お仕事が始まり「お役に立てている」実感を感じられ、お仕事に積極的に楽しく関わらさせていただいています。

 そもそもうまく行くことだったのかもしれません。しかし、自分の実力だけでなく、「良い方位が効いている」と考えることで、いろいろなヒントが得られます。方位や星には意味があるからです。
 意味にちなんだことを「これでいいのだ」と自信持って行うと、人は普段の態度以上の役割りが果たせるのかもしれませんね。

 今年の夏は日本じゅうの天候が荒れ、地震もあり、交通機関もストップしました。出かけるのをためらい、次の月に先延ばしにしていたなら、こんなにスムーズに事は運ばなかったと思います。
 方位がいいという理由で早めに行動しておいてよかったと思うできごとでした。

南田
posted at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南田

2018年09月16日

東南は「人と人とのつながり」「縁や運が入ってくる」

 今年の7月に吉方位を取りました。

 自分の星にとって良い方向に出かけることを「吉方位を取る」と言います。
 年、月ごとに一白から九紫までの九種類の星の位置がそれぞれの方位の上を回ります。星と方位にはそれぞれ意味があります。方位上に位置した星の性質や作用も方位の意味に加わり、ご利益の効果が入れ替わります。
 吉方位への引っ越しや旅行は、ただ運が上がるのではなく、行った方位やその方位に位置していた星にちなんだ運がアップするのです。

 7月は 戌と亥の方位に一白という星が回っていたのですが、一白には「秘密」とか「思考」、「恋愛感情」という意味があります。
 方位を取ってからすぐに、ずっと前から長年、家庭内のシークレット相談を受けていたお客様がお礼の挨拶に見えました。「アドバイスが役に立ちました」と、嬉しい知らせをいただきました。

 8月には東南の巳の方位を取りました。
 東南には「人と人とのつながり」または「縁や運が入ってくる」という意味があります。そこに、「楽しみ」「遊び」という意味の七 赤が座って、二つの意味が混ざります。

 方位取りからすぐに、えっ?というような場所で口説かれたりと、笑い話になることが起きています。
 持っていた株が上がり、小益になったりしています。

 吉方取りのご利益か、ふだんの行いのご利益かわからないけれど、嬉しいことが続いています。

posted at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2018年09月07日

地震被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます

北海道の皆様、このたびの地震被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。


 私の出身森町も停電しました。実家は水産工場で冷凍庫が停電で中の物がどうなるだろうと思うと落ち着きませんでした。電気の有り難みをしみじみ感じます。
 安全です、無事ですとは、現状がすっかり回復してからでないと言えないかなあ。今はまだ心が痛みます。
 現在も大変な思いをされている方々へ。
 明日は必ず来ます。必ずね!
 皆様のご無事を願っております。

posted at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2018年09月02日

道の駅「いるま野」

 御朱印をいただきに、高麗神社へお参りしてきました。帰る途中、道の駅「いるま野」に寄るのが楽しみです。

 「いるま野」は田舎のデパート的な感じで、地産の野菜はもちろん、花は東京の街の花屋さんの3〜4倍の量、値段もびっくりするくらいに安いのです。買いだめができないのが悔しいです。

 手作りのパン、まんじゅう、団子や卵は生産者が違う品が20種類くらいあります。値段はスーパーより高いけれど美味しい。
 変わったものは、農機具や飼料、墓参りのセット、盆栽など。メダカ、クワガタ、カブト虫まで売っています。

 毎回買うのが焼き団子。生じょうゆをつけて焼いた素朴な味の団子を車の中で食べながら帰宅します。
 今回はモミジの豆盆栽とメダカを買いました。

 メダカと一緒に1cmにも満たないエビが入っていました。一丁前に海老反りをしたり水中を飛びまわっています。
 家の中で癒しの場ができました。気がつくと水槽の前で、時間を忘れてに見入っています。

鴨下
posted at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨下靖令