2017年06月01日

蜘蛛の糸の伝説

「蜘蛛の糸」の伝説をどこかで信じている(笑)傾向あるのです。
 今朝、寝室の壁を小さいクモが這っていました。いつもはティッシュで押さえて外へ逃がしています。ところが、今日のは米粒ぐらい。小さくて素早くてつかんだつもりが糸だけ手にくっついて、高い所へ飛んでいった。

 気にすると気になって、そのクモを追いかけて、とうとうつぶしてしまった!!!
 懺悔したい気持ちに陥りました。
 ショックでしばらくボーっとしてしまいました。
 極楽いけないかなァ〜。糸をたらしていただけないのかなァ〜?……と。

 数時間経った今でも、つぶした感覚が手に残っています。
 虫やゴキブリは怖い!から、見えたらさっさっと私から逃げるのですが…

posted at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花