2017年10月08日

はらはらどきどき(←周りが)空の旅

 北海道へ家族で旅をしてきました。無事に行って帰ってきました。
 初めてLCCの航空会社を利用してみました。料金は格安だけど、座席が狭く、空港ではへんぴな場所に離着陸するのでかなり不便と聞いていました。でも、一生に一度くらいは試してみるのも思い出になるかもと思い、LCC搭乗に挑戦してみました。

 今まで北海道に行くときは、羽田空港から飛んでいました。千葉県内に住んでいるので、飛行機に乗っている時間より、空港までの道のりと空港の中の移動が大変だったのです。今回初めて、成田発千歳行きの便を探しました。選んだ航空会社の飛行機は新しくできた成田空港第三ターミナルからの出発です。
「成田の第三ターミナルは第二からバスに乗るので不便」と聞いていたのですが、タクシーのドライバーさんが気を利かせてくださり、第三の玄関すぐのところまで送ってくださったので楽でした。自宅からたったの30分でした。
 第三ターミナルは今までの空港とは違う味のデザインで利用しやすいという評判を聞いており、それもぜひ見てみたいと思っていました。高級感はないけれど若々しい雰囲気で、うわさ通りとても機能的でした。
 人が流れる動線に沿って、陸上のトラックのような線が床に描いてあり、チェックインから荷物検査まで、迷わず不安なく進めるように作られています。
 食事スペースはフードコートになっていました。カフェや大学の学食ような気さくな雰囲気です。広々していて、それぞれが好きなものを安く早く買え、そのぶんゆっくり食べることができます。
 また待ち合わせたり休んだりするのに、ソファーもたくさん設置されていました。掃除も行き届いていました。
 
 成田空港の第三ターミナルはとても気に入ったし、LCCの乗り心地も良かったです。でも、ひとつ失敗がありました。
 わたしの両親ともに80代です。父親は腰痛の持病があり、狭い席では辛いかもしれないと思い、座席の前後の間隔が他の席より少し広い席を予約してあったのです。

 じつはこの席、非常口の前なので他の席より広いのです。ここに座るには、非常避難時に航空会社のクルーを手助けすることが条件になっています。他の客が逃げる間、15キロの重い扉を抑えなくてはならないし、避難も一番最後になることを了解しなくては使用できないことになっています。

 わたしの父親は腰痛で普段は腰を曲げて歩いているのですが、この条件を受け入れ、この席に座っても大丈夫な人物かどうか、チェックを受けなくてはなりません。
 スタッフに質問される間だけ、父は「ぴん」と立って、はきはき受け答えしていました。でも、だれからみても、あきらかに、非常時にはいちばん手がかかりそう。

 チェックインするときと、航空機に乗り込む直前に2回もチェックを受け、機内でもキャビンアテンダントさんから念を押されてしまいました。
 スタッフの方々にご心配をおかけしたので、次に利用する機会があれば、おとなしく普通の席をとろうと深く反省しました。
 
 周りの心配をよそに、父本人は、スタッフの方やキャビンアテンダントさんから質問されるたびに「はい」と、とても明るい返事をしていました。最近でいちばんうれしそうで、しゃっきりしていました。

南田
posted at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南田

2017年09月08日

だれもが、しあわせになるために

 さだまさしさんの「いのちの理由」という歌、じんときますよ〜。

『私が生まれてきた訳は 父と母に出会うため』

と、始まります。
『きょうだいたちに出会うため』、『友達みんな出会うため』、
『いとしいあなたに出会うため』と優しいメロディーが続きます。

 わたしも若い頃は、なんのために生きているのかがよくわかっていなかったひとりです。
 生まれてきた以上、しあわせにならなくては。そこまではさだまさしさんの歌といっしょですが、「これでいいや」と満足することがあまりなかったかもしれません。
 勝つとか負けるとか、上を行くとか、落ちるとか、悔しいとか、足りないとか、減るとか増えるとか、そんなことばかり考えていたような気がします。楽しいとか良かったと思うこともあったけれど、スリルとストレスにあふれた人生でした。

 易を仕事にするようになって、考えも好みも変わったと思います。
 毎日、時間が来るとちゃんとお腹が空いて、美味しくご飯が食べられる。
 そんな毎日がくれば、それでじゅうぶんなんだね。
 普通の毎日を淡々と積み重ねられること、感謝できることがしあわせなんだよなあ。
 そしてこの歌詞のとおり、そのことに気付かせていただいた恩返し。それがわたしの「いのちの理由」かもです。

 つまづいたり、仕事がうまくいかなくなったり、人から裏切られたり、自分や身近な人が病気になったり。人生いろいろなことがあります。でも生きてるんだから、今がたいへんであっても、きっと幸せになりますよ!。

 そんな「あたりまえだけど大切なこと」が、美しい日本語とやさしいメロディーで歌われているこの歌。
 キムさんにも、プーチンさんにも、トランプさんにも、世界じゅうの人にプレゼントしたいくらい、いい歌なんですよ!

南田

 以下↓、さだまさしさんの歌詞から部分を引用させていただきます。
『春来れば 花自ら咲くように
 秋来れば 葉は自ら散るように
 しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ
 悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように』
posted at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳

2017年09月05日

サロン・ド・勧善懲悪

 善を勧め悪を懲しめることを「勧善懲悪」(かんぜんちょうあく)といいます。
 悪い行いをすれば天が見ている。
 道に外れた行為をすれば、一時はうまくいったとしても、最後にはかならず報いを受ける、という意味です。
 古い言葉ですが大切なことだと思います。
 時代の流れで社会の仕組みが変化し、最近は善悪の境界線が曖昧になってきている気がします。
 でも、悪いものは悪い。
 どんな事情があれ、人を裏切ったり騙したりすれば、やがて歯車が噛み合わなくなります。
 自分自信に対しても家族に対しても同じです。
 現状がどんなにつらかったとしても良いことは良いのです。

 サロン・ド・ミネは勧善懲悪のサロンです。
 悪い道に入り混んだことを教え、正しい道であるときには勇気づけます。
 迷いながらも信念をつらぬいて正直に生きる人の味方です。

posted at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2017年08月27日

火事です火事です

「火事です火事です」
 先日サンマを焼いたら、火災報知器の赤ランプが点灯し、警報がブーブー鳴ってしまいました。
 北海道産のサンマは油が多く、ジュウジュウ垂れる油に火がついて煙がモウモウ。布巾とタオルを上から被せてどうにか火は押さえました。でも、煙がすごくて警報を鳴らしてしまったのです。
 息子達がいたので警報器をストップしてもらって、ブーブーと「火事です、火事です」は5分くらいで鳴り止みました。止まった後、フウーっと、疲れてしまいました。

 いつもサンマを焼くときにハラハラしながら一分毎に開けてみるのですが、今回はほかの調理をいっしょにしていて5分くらい放っておいた間に垂れた油に火がついたのでした。
 噴煙のすすで台所が黒くなり掃除が大変でした。

 今年はサンマが不漁と言われていますが、その代わりに油が多くておいしいです。煮魚と焼き魚どちらかといわれたら、焼いて大根おろしで食べるのが最高だと思います。

posted at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2017年08月09日

夜が怖い!

 先日、仕事が終わって、スーパーで野菜を買いました。両手に荷物を持って玄関を開けたら、
 シューン、ガッサーっと黒いものが外から玄関に飛び込んできました。
 何を思ったか、慌てて荷物を家の中に置いて外に出てしまった私です。
 家の中に入るのが怖くて、家族に電話したが、
「まだ仕事中だから帰るの10時半だよ」
との返事。
「誰か友達いない?」
と聞きましたが、
「すぐ来てくれそうなサカイもゴキブリは苦手だしなぁ‥‥‥」
「他の友だちも今からじゃあ30分はかかるけど、それまで外にいるの?」
と言われ、仕方なく最近近所に引っ越してきた姪に子連れで来てもらいました。
 助かった〜。
 今まで見かけることなんてなかったのに、なんだか今年はゴキブリ多いです。

 こんなことがあってから、今では出かけるときにポストの中に、シューっとかける虫除けを入れています。
 玄関を開ける前にあっちこっちに噴射して、箒で周りを叩いてからドアを開けています。

 ここのところ、姪は子供の幼稚園休みで帰省しています。姪がいない3週間は怖くて不安です。

posted at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2017年07月02日

合コンみたいな旅

 料亭での食事とホタルの里行きのバスツアーに参加してきました。
 私がバスの中で、ラジオ番組でやっていたスーパーマーケットランキングの話をしたら、初対面なのに周囲の乗客みんなが反応してきました。

 続いて、私の仲間の一人が、74歳で先週亡くなった義姉の話をしました。義兄が一人で今後の生活がどうなるのか心配だという内容の話です。
「最後まで一人で生きているのは嫌だから、一人でも早く逝きたいよ〜」
と私が言ったら、またまた他の皆さんから
「見送るのは辛いから見送られたい!」
と答えが。
 92歳のお母様といらっしゃる方が
「みんな逝っちゃって自分一人残っているから申し訳ないと、母がいつも嘆いているのを聞いているから、わたしは80歳過ぎ頃のそこそこの年齢で逝きたいなァ〜」
とおっしゃいました。そしたら、みんなから
「それもそうね〜」
と激しく同意が返ってきた。

 ちなみにこのバス旅行、参加者は30名だったが、少し価格が高めだったので、年齢も高めでした。男性の参加も多く、合コンみたいでした(笑)。

posted at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2017年06月18日

五色の不動尊

 都内の五色不動尊を巡りました。
 駒込にある赤目不動尊が御開帳になると友人から勧められて、それならば五色ぜんぶをお参りしようということになったのです。
 目黒不動、学習院前の目白不動、三軒茶屋駅すぐの目青不動(昔は青山あたりにあったそうです)、本駒込の目赤不動、三ノ輪と平井二カ所にある目黄不動。これが五色の不動尊です。

 今回は目赤不動の秘仏が御開帳というので、どうしてもお参りしたかったのです。
 普段なら素通りしてしまうようなお寺さんが、遠くからでもわかる程の人々の行列に囲まれていました。
 前立ち不動様の横の御御簾の中に小さな手のひらにのりそうな秘仏を見ることができました。次にお目にかかれるのは未定とか。

 御不動様は三鈷剣と羂索を持っておられます。剣で悪縁と煩悩を断ちきるためのものです。羂索という縄のようなもので、煩悩から抜け出せない人や悪に落ちた人を、投げ縄のように救い出してくれるそうです。

鴨下
posted at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨下靖令

2017年06月01日

蜘蛛の糸の伝説

「蜘蛛の糸」の伝説をどこかで信じている(笑)傾向あるのです。
 今朝、寝室の壁を小さいクモが這っていました。いつもはティッシュで押さえて外へ逃がしています。ところが、今日のは米粒ぐらい。小さくて素早くてつかんだつもりが糸だけ手にくっついて、高い所へ飛んでいった。

 気にすると気になって、そのクモを追いかけて、とうとうつぶしてしまった!!!
 懺悔したい気持ちに陥りました。
 ショックでしばらくボーっとしてしまいました。
 極楽いけないかなァ〜。糸をたらしていただけないのかなァ〜?……と。

 数時間経った今でも、つぶした感覚が手に残っています。
 虫やゴキブリは怖い!から、見えたらさっさっと私から逃げるのですが…

posted at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2017年05月06日

御朱印

 東京新聞に今ブームの「御朱印」についてのコラムがありました。
 ある方が某寺の受付のお坊さんに、
「これまでたくさんの社寺の御朱印をもらったが、それにどんな意味があるんだろうか」と聞いてみたそうです。

 お坊さんは明快に
「これはポイントをゲットしたことになるんです。功徳を積むと同じ。ポイント数が多ければ、あの世に言ったときの得点が増える……来世の幸せへのポイント集めとお考えください」と応じたとのこと。
 筆者は「来世かい!ためたポイントは、できたら現世の幸せのために使いたい」というのがオチでしたが、笑ってしまいました。

 私の母も四国巡礼で御朱印を集めていました。
 入院して3日目にお昼を食べて、夕方義姉がおやつを病室に届けに来たら、昼寝でもするように永眠しちゃってた。
御朱印、やはり功徳あるのかなあ、と思っています。

posted at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花

2017年04月22日

ポチ袋

 私は小さいときから、自分より小さい子の世話をするため、学校から走って帰るような小学生でした。
 実家に仕事に来ているお母さんたちの子どもを面倒見たり遊んだりが私の役目です。1円とか5円のお菓子を買って食べさせたり、喜ばせたり、たまにはダマしたり(笑)。でも、子どもが好きだからか、子どものほうから寄って来てました。

 小さいときからの習性からか、今でもなんとなく、人にモノをあげたり貰ったりするのが好きです。
 バス旅行でもガイドさんが良かったりすると、コンビニで使えるクオカードをあげたりします。

 この間の小旅行で泊まったホテルでも、案内ガールが親切で可愛くて、また不思議と何度もすれ違う。その度に気持ちよく挨拶され、ちょっとしたいい情報を教えてくれました。笑顔と優しさがあまりにも嬉しくて、ちょっとチップとお礼文を書いて渡しました。
 帰りにフロントキャプテン・ドア係・フロアー数人が満面の笑みで
「この度は○○(案内ガール)がお役に立てて、気持ちよくお過ごし頂いてありがとうございました」
と、タクシー乗り場まで見送ってくれました。

 嬉しいこと、良かったことを素直に伝えることも、心地よい気分になるもんだと思いました。
 同行した友人たちからも、「峰さんのやることは流石違うね」とほめられました。
 ちなみに、わたしはポチ袋をいつも持ち歩いています(笑)。

posted at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 峰彩花